晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

日馬富士

横綱日馬富士が暴行事件。


なんと嘆かわしいことでしょう。


以前にも記しましたが
日馬富士と言えば、学問をコツコツとして
絵画の腕も美に対する意識も強く
速攻相撲は天下一品だと
応援してました。


しかし


アスリートが私的な場所で暴行したら
アウト!です。


絶対許してはいけない所業なわけです。


モンゴルから野心抱いて
相撲協会のご都合主義にもめげず
コツコツと不平不満ももらさず
こんにちまで
横綱の地位を築いてきました。



これはどれほどの理由があっても
許してはいけないことだと思います。


残念でたまりません。


日本語では
「わたしの不徳のいたすところ、責任をとって
廃業させていただきます」

言います。


日馬富士
さようなら。


紅白

そういう季節ですね。
毎年
「紅白はつまらない」
「見ない」
とか
言われるわけですけど
私は「紅白ほど楽しいショーはない」と
頑なに言い続けています。
あれほど
歌唱に
衣装に
力を注げる歌手の皆様の本気度が
楽しいと思いますもの。
それで
今年こそ!
デーモン閣下にデーモン閣下バージョンの「地上の星」を
歌ってほしいです。



紅白ネットに書き込んできました



「地上の星」
というと「団塊の世代の哀歓」漂うイメージですが
デーモン閣下バージョンは
「私もちっぽけな地上の星の一つかも。
それでいい。
さぁ!がんばるぞ!」という元気が湧いてきます。


ぜひ
紅白にはデーモン閣下バージョンの「地上の星」出して下さい!
デーモン閣下と
男声合唱で
聞かせて下さい



デーモン小暮閣下「地上の星」with群馬交響楽団