晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

レッスン

バイオリンのレッスンもどんどん進んできまして
だんだん難しさに四苦八苦しているわけでございます。



バイオリンの先生が
いつも「なぜクラリネットからバイオリンに?」と
不思議そうに言いますが
まさか
「本命はクラリネットです。バイオリンは二番手なんです」
なんて言えるわけないし
ちょこっと
答えに窮します。


さらに
「次回はバイオリンとコラボしてみたいわ」と言われました。
とっても興味深々で。


バイオリンの先生は、実はバイオリンの先生でなくバイオリン愛好者なのです。


本業は、科学者です。
がんの研究者です。
けっこう高名な方だそうです。私、知りませんでしたけど。
今は引退されてこどものための科学本を執筆されてます。


かなりの高齢者なのですが、バイオリン教則本の中にあるドイツ語を指して
「ここに書いてあるでしょ」と言われると困ってしまうのです。


「えーーー。読めなーーーい」と先日、甘えたところ
「あなた!中学出てるの?!」と言われました。


いやいや
中学でドイツ語しませんからw
いやいや、多分
大学でドイツ語選択したって、記憶に何一つありませんから。