晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

「嬉」

過ぎてしまいましたが
連休は岐阜県に行って参りました。


大切な友人に会うために。


どうやら難病を患っていると聞こえてきたので
友達ならお見舞いに行くでしょ。


もう15年ぶりかな。


前日に「行くからね」
友達「おいっス」


こういうブーツを常に履いて
腰にジャラジャラと金銀鎖をつけてる青年です。


めちゃくちゃハードロッカーというのですか?
なんというか分かりません。




手作りの靴だそうです



器用でGジャンや靴など作ったり加工したり
面白い人物です。


15年ぶりに彼と彼女と会ったら
なんと!可愛い少年がいました^^


その少年が会うなり「ららさん、ららさん」としっかり私の名前を
正確に言って、なついてきて嬉しかったです。
これだけ正確に私の名前を呼んで、なつくというのは、
日頃から私の話題が出ていたのだと思って、感激でした。


難病は治療中でまだ先が分からないみたいですが、
「あなたに病気は似合わない!」
「そんな病気は粉砕しなさい!」


と、喝を入れてきました。


話に花が咲いて「今夜は泊まって行って」と言われて
泊まりたい気分になりそうでしたが、振り切って帰って来ました。


帰ってお土産の柿の箱を開けてびっくり\(◎o◎)/!


彼の気持ちが一言で。。。


こういうふうに少し洒落た表現する彼が
私の
お気に入り♡