晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

海老蔵様の「光の君」

源氏物語の絵巻物語に時空を超えて
行って来ました。


プロジェクションマッピングに見入り
カウンターテナーにうっとりして
ぼたん様に惚れ惚れして
お能を堪能して
ここに
海老蔵様がいましたら


バッタリ倒れるでしょう


素晴らしかった。。。



海老蔵様の声音がいつもと違ってました。


お姿もお顔も海老蔵様なのに
声音が「違う?!」


何度も耳に手を当てて聞いてましたら


光源氏の優しさと不遇な身の上を表すかのように
「優男」らしい声音で演じてました。


素晴らしかった!


どこにも
「直しはありません!」(笑)



市川海老蔵特別公演 「源氏物語」 Ebizo Ichikawa's Special Performance 「The Tale of Genji」【Digest ver.】