晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

女友

友 遠方より来たる。


1500キロの道を会いに来てくれました。


♪蔦の絡まるチャペルで祈りを捧げた日♪


聖書を毎日読んでいた彼女


♪秋の日の図書館のノートとインクの匂い♪


その横で、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」読んでいた私


時空を超えて
お互いに大人になりました!


クラリネット、オカリナ、リコーダーで
讃美歌を演奏しまくりました。


もう宗教観が違っていようがなんだろうが、大切な友達。


いろんなことを語り合いました。
笑い合いました。


こんなに遠くまで、私に会いに来てくれたことが
嬉しくて嬉しくて。。。


友達の信じる神様に感謝いたします。
こんなに素晴らしい日をありがとうございました。


生涯の友。