晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

人命

こんにちは^^
大雪でお稽古事も、私のわがままでお休みしていたものですから、
また先週から開始をお願いしてまして、その練習など、汗汗としてます。


と、まぁ、私事でいっぱいな折、またまた相撲界の不祥事が発生してましたね。
ほんと相撲ファンの私は、涙でございます。


この世に人命ほど尊いものはありません。


生き返るなんて、奇跡でしか、ありませんから。


舞鶴市で相撲巡業が行われていた時のことです。


土俵上で
舞鶴市長がご挨拶をしている時、仰向けに後ろに倒れたそうです。


その時
医療職の方々が集まったようです。

女性の医療職の方が、緊急手当てをおこなっていたところ、
マイクでアナウンスが!
「土俵から女性は降りてください」の繰り返し


え?
ええええーーーーっ!!


違うでしょ!


土俵に女人禁制だということは知ってます。
過去にも、どっかの府知事が女性だということで、優勝杯を渡すことはしませんでした。
多分、男性の副知事あたりが、渡したのではなかったかな。


その時とこれは別問題。


だいたい土俵が女人禁制であることをどう理解するかってことですが、
私の中では「男の子のあそび」です。
私みたいな理解者ばっかりでは、ありません。


そのそも「女人禁制」そのものを、真正面から反対している皆様がいるわけです。


人命がかかっている緊急事態です。


相撲協会に批判メール送っときました!


八角理事長がお詫びをしたそうですが、
これはもう!!!


本場所で、人命救助にあたった女性の方を、

土俵上で感謝状をお渡しして、おわびする他、ございません。