晴れても降っても晴れ女

誰にも遠慮せず自分の思いを綴ってみたらば、、。

「夫婦の危機を呼ぶ」夫婦

お仕事の帰りに、家から近くの楽器屋さんに行ったところ、
楽譜が何にも無くなっていて。
ピアノ楽譜とギターコードだけ。


仕方ないので、駅前まで行きました。


楽譜見てるだけで楽しいですよね^^


帰ったら、夫がいました。


東京大衆歌謡楽団の歌った「白い花の咲く頃」が耳に残って
大好きな曲になってます。ので、
クラリネットで演奏しました。



「あ。こっち来て歌って下さる?」
と言うと
夫はスグに飛んできて、歌ってくれました。


「『うつむいてたおさげがーみー』は、柔らかく歌って」
と言うと
夫は、とっても優し気に歌ってくれました。


「『悲しかぁったーあのときー』ーは、悲しさをぶつけて少しだけ強く歌って」
と言うと
夫は、悲し気に、でも、朗々と歌いました。


「『しろいはなだよーー』は、20歳のころの私を思い出して歌って」
と言うと
夫は、嬉しそうに歌いました。


「きゃー(≧∇≦)
うまいうまいヽ(^o^)丿」

と私は、大喜び(^^♪


そしたら
「これでいい?」
「はーい💛」


すると
夫は


やれやれという表情で
ごろりと横になり、
お尻かきかき、
S,スタローンのランボーにすぐに夢中になりくさりました。